神田川の源流を訪ねて、井の頭公園へ

神田川の源流を訪ねて、井の頭公園へ

護国寺ナビへのお問合せ・取材の依頼・掲載希望などは、「掲載依頼・お問合せ」の問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。
-スポンサーリンク-

東京都内のど真ん中を流れる「神田川」。歌の題名になっている有名な川です。

文京区には「肥後細川庭園」から入り、新宿区・千代田区との区境を流れ、御茶ノ水へと続きます。

江戸川公園は、神田川を添うように整備された公園で、周辺住民の憩いの場として親しまれています。春は桜の名所として有名で、花見を楽しみに、多くの方が訪れます。

ところで、神田川ってどこから流れているかご存じでしょうか?

「どこか山梨当たりの山のほう?」

厳密にいうと、そのあたりの池か沼から流れているのかもしれませんが、源流とされているのは、吉祥寺の井の頭公園。ボートで有名なデートスポットですね。この井の頭公園の敷地内に、神田川の源流があります。

行ってみました。

井の頭公園

井の頭公園の最寄りは、JR総武線・東西線の「吉祥寺駅」。護国寺からですと、飯田橋駅まで行って東西線に乗っていきます。吉祥寺駅南口を出て徒歩でだいたい10分くらいで井の頭公園の入り口が見えてきます。

>>井之頭恩賜公園

井の頭公園は常に人でにぎわう公園。休日にはハンドメイドのショップが出ていますので、のんびり散策してみてもいいかも。ボートで有名な「井の頭池」を下流に向かって歩くと……。

神田川の源流「井の頭池」

神田川の源流を訪ねて、井の頭公園へ

井の頭池と「瓢箪橋」を介して繋がった「ひょうたん池」にやってきます。ここから神田川の源流、水門橋と呼ばれる場所です。

神田川の源流を訪ねて、井の頭公園へ

「ここが神田川の源流です」の看板が立っています。ここから流路延長24.6キロの神田川は始まります。

神田川の始まり

神田川の源流を訪ねて、井の頭公園へ

起点は川の始まりっぽく、ゴロゴロした岩が転がっています。川幅もだいたい2メートルくらいと狭いもの。これが東京都内で最大級の川となるのが信じられないくらいです。

神田川の源流を訪ねて、井の頭公園へ

しっかりと「神田川」と書かれた石碑があります。間違いなく神田川ですね。

神田川の源流を訪ねて、井の頭公園へ

神田川という名前

神田川と名前が付いたのはいつごろでしょうか?神田川の名前が付いたのは昭和40年の河川法の改正から。実は、それほど昔ではないのです(若い人からすると昔かな)。

それまでは、井の頭池から江戸川公園の大洗堰までを「神田上水」。江戸川公園から飯田橋までを「江戸川」。飯田橋から神田川が合流する墨田川までを「外堀」と称していました。つまり、護国寺周辺住民が見ている神田川は、もともと「江戸川」と呼ばれていた場所のようです。

東京都内を流れる神田川の源流が、意外と身近な場所にあることに驚きました。公園散策もかねて、見学してみてはいかがでしょう。

The following two tabs change content below.
文京区歴16年!護国寺ナビ管理人。まちの情報基地「JIBUNマガジン」記者もやっています。Twitter、FaceBook、フォローすると最新情報が届きます。

護国寺ナビへのお問合せ・取材の依頼・掲載希望などは、「掲載依頼・お問合せ」の問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。
-スポンサーリンク-
神田川の源流を訪ねて、井の頭公園へ

この記事のシェアはこちらです

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

コメントを残す

護国寺ナビでは、皆さんの意見を募集しています。こんなイベントを紹介して欲しい。うちの店を紹介して欲しいなど、お待ちしています。

メールアドレスが公開されることはありません。 項目入力後、送信ボタンを押してください。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

掲載希望内容

居住区域
護国寺周辺護国寺以外の文京区文京区以外の東京都その他の地域