地元住民が、バンドリ!の聖地「JR大塚駅~南大塚公園」を巡礼しました

地元住民が、バンドリ!の聖地「JR大塚駅~南大塚公園」を巡礼しました
-スポンサーリンク-

護国寺ナビへのお問合せ・取材の依頼・掲載希望などは、「掲載依頼・お問合せ」の問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

大人気テレビアニメ「BanG Dream!(バンドリ!)」を、ご存知でしょうか。

「バンドリ!」は、新宿区と文京区周辺に通う女子高生がバンドを結成し、夢を追う物語です。

人気アニメ「バンドリ!」

バンドリ!
BanG Dream!、『月刊ブシロード』で連載された同名の漫画作品およびアニメなどの総称

文京区、新宿区、豊島区周辺が物語の舞台で、JR大塚駅や南大塚公園が描かれたこともあります。

今回は、そのときに描かれた場所を、文京区に住む、地元住民の私が見てきました。

申し遅れましたが私、観光ガイドをしております。なので、この辺りに地理・歴史にはそれなりに詳しいです。それでは見てみましょう。

BanG Dream!(バンドリ!)聖地巡礼

JR「大塚駅」北口→都電荒川線「大塚駅」→サンモール大塚商店街→天祖神社→南大塚三丁目桜並木通り→南大塚公園→丸ノ内線「新大塚駅」

今回訪れるのは、上記のコースです。約1.6キロ約1時間を予定しています。

JR「大塚駅」北口

大塚駅北口/バンドリ!大塚駅

JR山手線「大塚駅」北口

大塚駅北口/バンドリ!大塚駅

JR山手線の「大塚駅」です。池袋駅の隣、新宿駅からは6駅の場所にあります。

しかし、目立った観光地や商業施設などがないため、降りたことがないという人も多いのではないでしょうか。その分、地元ならでは場所がたくさん残されています。

ここでは、レイズ ア スイレン(LAS)とポッピンパーティー(ポピパ)の、1周年記念ライブの時間が重なってしまった花園たえちゃんが、LASのライブ終了後、大急ぎでポピパのライブ会場に向かう姿が描かれます。

JR(作品上ではNR)大塚駅北口からダッシュで出てきました。

LASのライブが行われた「渋谷dub」は、恵比寿リキッドルームがモデルになっています。なので、恵比寿から大塚まで山手線で来て、さくらトラムに乗り換え「学習院下駅」で降りて、「富士見坂」を駆け上がって、「羽丘女子学園」へと向かったことになります。

花園たえ経路

JR山手線「恵比寿駅」→JR山手線「大塚駅」→都電荒川線「大塚駅」→都電荒川線「学習院下駅」→富士見坂を駆け上がる→目白通りを南下する→椿山荘あたりが「羽丘女子学園」?

まぁ、これはさすがに位置関係が無茶苦茶なので、正確な場所はファンタジーでしょう。とにかく、大塚駅の北口から、たえちゃんが出てきました。

大塚駅の歴史

大塚駅が開業したのは1903(明治36)年です。「日本鉄道(現・JR東日本)」が当時の北豊島郡巣鴨村(すがもむら)に「大塚停車場(現・大塚駅)」を設けたことに始まります。

もともとは、この辺りの地名を採って「宮仲停車場」となる予定でしたが、近くの小石川区(現・文京区)」の地名を採って「大塚停車場」となりました。

角海老ボクシングジム

大塚駅北口「角海老ボクシングジム」

都電荒川線「大塚駅」

都電荒川線大塚駅/バンドリ!大塚駅

都電荒川線「大塚駅」

都電荒川線大塚駅/バンドリ!大塚駅

「大塚駅」ホーム

第7話「ナカナ イナ カナイ」で、花園たえちゃんが修行と称し、大塚駅前で路上ライブを行います。

たえちゃんが路上ライブを行ったのは、都電荒川線「大塚駅」の王子・三ノ輪方面ホームの階段横です。路上ライブ中、ここで幼馴染のレイチェルと再会します。2人は幼少期を大塚駅周辺で過ごしたようで、近くの南大塚公園(後述)で遊んだ様子も描かれています。

忙しなく走る山手線と、穏やかに走る都電荒川線が交差する大塚駅で、花園たえとレイチェルは出会います。2人の運命が動き始めた瞬間です。

また、近辺には「レイズ ア スイレン(RAISE_A_SUILEN)」が本拠とする、チュチュの高級マンションらしきビルがあります。

高層ビル/バンドリ!大塚駅

いちおう、この緑色のビルらしいですが、すぐ横にはさらに高層のマンションが建っています。イメージ的にはこちらのほうが近いですね。

大塚駅高架下

高架下/バンドリ!大塚駅

大塚駅横の高架下

南大塚通り/バンドリ!大塚駅

南大塚通り

高架下/バンドリ!大塚駅

都電荒川線「大塚駅」のすぐ東側には、JR山手線の下をくぐる高架下があります。

花園たえちゃんとレイチェルは、ここで再会を喜び、近況を話し合いました。レイチェルは、USBメモリをたえちゃんに渡し「聴いてほしい」と告げてその場を去ります。

サンモール商店街

次は大塚駅南口に回ります。

大塚駅は豊島区の再開発により、2013年に『JR大塚南口ビル』が建てられ、複合商業施設『アトレヴィ大塚』が入りました。それ以前の大塚駅しか知らない人は、あまりの変わりように驚くと思います。

JR山手線大塚駅

現在の大塚駅南口

旧南口駅舎 H12(2000).3.20(http://www.retro-station.jp/03_kanto/otsuka.html)

南口を抜けて、都電荒川線の線路を越えると「サンモール商店街」の入り口が見えてきます。

>>南大塚ネットワーク

商店街では「大塚ものがたり」というブランドが展開されています。お米、味噌、どら焼き、CDなどを買えます。清酒・焼酎「大塚ものがたり」は土産に最適です。

サンモール商店街

サンモール商店街

第3期10話「ボーカルは……星……」の冒頭、チュチュと口論となったしたマスキングが、スタジオを飛び出し、バイクで走り抜けたのが、この「サンモール商店街」です。

サンモール商店街/バンドリ!大塚駅

サンモール商店街

サンモール商店街/バンドリ!大塚駅

サンモール商店街

しかし、入り組んだ商店街なので、実際にあんなスピードで走ったら確実に事故ります。

そもそも、なぜマスキングは、わざわざ「サンモール商店街」を通って帰るのでしょう?都電沿いの通りや、南大塚通りなど、もっと広い道を走れば安全で早く帰れるはずです。その答えは次にあります。

天祖神社

大塚天祖神社

大塚天祖神社

「サンモール商店街」の一角には、天照大御神(あまてらすのおおみかみ)を御祭神とする、地元の総鎮守「天祖神社(てんそじんじゃ)」があります。

この神社の境内には、夫婦鴨脚樹(めおといちょう)が祀られています。夫婦鴨脚樹は雌雄一対で、夫婦円満・縁結びの御利益があるそうです。

これを知っていたマスキングは、縁結びにあやかるために「天祖神社」を立ち寄ることを日課にしていたのではないでしょうか。

その証拠に、マスキングがこの通りを抜けるまで、微妙に間がありました。バンドメンバー思いのマスキングらしいです。

>>大塚天祖神社

南大塚三丁目桜並木通り

南大塚三丁目桜並木通り

南大塚三丁目桜並木通り

名前の通り「桜並木」が有名で、3月から4月にかけて、通りを桜が覆い尽くします。

通り沿いには、豊島区立「西巣鴨中学校」がありますが、大塚近辺のこの地で、なぜ「巣鴨」の名前が付いているのでしょうか?

実はこのあたりはもともと巣鴨村があった地で、「大塚」という地名は、もう少し南の「小石川区(現・文京区)」にありました。

先のJR山手線の駅ができたときに、「大塚停車場(現・大塚駅)」と名付けられたことで、大塚という地名が使われるようになりましたが、今も昔の地名「巣鴨」を使っているところが多いのです。

南大塚三丁目桜並木通り

桜並木通りから南大塚通り

桜並木を下り、南大塚三丁目の交差点を越えましょう。ひとつ目の「南大塚二丁目」の交差点を右に曲がり、路地に入ります。

南大塚公園

南大塚公園

豊島区立「南大塚公園」

しばらく歩くと、左に公園が見えてきます。

ここはバンドリ!聖地の中でも特に有名な「南大塚公園」です。公園内には廃車となった都電の車両が設置されています。

南大塚公園

南大塚公園の廃車車両

南大塚公園/バンドリ!大塚駅

この車両の前で、小学5年生の花園たえちゃんとレイチェルは出会い、2人だけのライブを行いました。レイチェルがマスキングに、たえちゃんとの思い出を語ったのもここです。

ところで、ここに置かれている車両は、いったい何なのでしょう?

この車両は「6000形」と呼ばれるもので、昭和24年7月に造られ昭和46年3月に廃車となった後、同年5月にこの公園に設置されました。

残念ながら老朽化のため、今は車両の中には入れません。たえちゃんとレイチェルが子どものころは、中に入れたのでしょうか。

都電電車案内図

都電電車案内図

ちなみに、明治から昭和にかけて、東京都内には200km以上の都電の線路が網の目のように敷かれていました。今は、大塚駅を含む、三ノ輪~早稲田間を残すのみです。

新大塚駅

丸ノ内線「新大塚駅」

丸の内線「新大塚駅」です。残念ながら、ここは聖地でもなんでもありません。でも、せっかくなので、大塚という場所について、少し詳しく話しましょう。

最初に、JR「大塚駅」は、小石川区(文京区)の地名から採ったと書きましたが、もともとは、この「新大塚駅」のある辺りに、JR「大塚駅」が置かれる予定でした。しかし、山手線と常磐線の分岐点が目白から池袋に変更となったことが影響し、JR「大塚駅」は、ここより1kmほど北の、つまり今のJR「大塚駅」に、駅名はそのまま場所を変更することとなったのです。

それでは、「大塚駅」が出来る前、なぜ、この辺りを「大塚」と言っていたのでしょうか?

それは、この辺りに「大きな塚」があったからです。塚は、古墳とも太田道灌が築いた烽火台だったとも言われていますが、昭和初期に取り壊されたため詳しくは分かっておりません。

帝国女子専門学校校庭内にあった「大塚」

塚は、高さ6m、周囲57mほどで、この辺り周辺にまたがってたそうです。

ちなみに、「大塚」は花園たえちゃんを演じる声優さんの名字でもあります。

大塚に行こう!

大塚駅-新大塚間のバンドリ!聖地を案内しました。いくつか作品中で見た場所もあったのではないでしょうか。

作品に描かれながら、ここで紹介していない場所はまだまだあります。実は驚くような聖地もありましたが、テキスト上ではあえて紹介していません。

全部紹介していたら、写真が何枚あっても足りないですからね。詳しくは、実際に訪れて、体験してみてください。

(参考文献=写真で綴る「文の京」西巣鴨町誌

地元住民が、バンドリ!の聖地「地蔵通り商店街・江戸川公園」を巡礼しました

バンドリ!の世界を歩いてみませんか?

聖地巡礼「バンドリ!」の世界に浸る!JR大塚駅から南大塚公園を散策

ここで紹介したコースは実際に歩くことができます。

「TABICA(タビカ)」では、ガイドブックでは見つからない「いま、ここ、でしかできない地域体験」を予約でき、地元の暮らしを楽しく体験できます。

このコースのロケ地である文京区・豊島区周辺に詳しいガイドが、周辺の歴史の解説を交えながら、バンドリ!で思い出深いコースを一緒に歩きます。

お申し込みは「TABICA(タビカ)」公式サイトから受け付けています。リンク先から、ご希望の日付と時間に合わせてお申し込みください。

いつもの日常を初めて見る景色に変えてみませんか。

TABICA(タビカ)とは?

TABICAは、自分の好きなことをリアルの場でシェアするサービスで、体験を企画・開催する「ホスト」と参加する側である「ゲスト」を繋げます。

日本全国様々な地域に住むホストが企画する体験に参加することができるので、地元の人同士の交流にも使えますし、旅先地の地元の人との交流にも使うことができます。

体験を企画するホストはだれもが無料で登録・掲載することができ、すべての体験に保険が適用されるので安心して開催できます。

さあ、溢れる愛に、会いにいこう。


護国寺ナビへのお問合せ・取材の依頼・掲載希望などは、「掲載依頼・お問合せ」の問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。
-スポンサーリンク-
地元住民が、バンドリ!の聖地「JR大塚駅~南大塚公園」を巡礼しました

この記事のシェアはこちらです

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

コメントを残す

護国寺ナビでは、皆さんの意見を募集しています。こんなイベントを紹介して欲しい。うちの店を紹介して欲しいなど、お待ちしています。

メールアドレスが公開されることはありません。 項目入力後、送信ボタンを押してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

掲載希望内容

居住区域
護国寺周辺護国寺以外の文京区文京区以外の東京都その他の地域