地域密着店こそチャンス!今すぐウェブページ開設を勧める3つの理由

地域密着店こそチャンス!今すぐウェブページ開設を勧める3つの理由
-スポンサーリンク-

人口普及率が80%を越し、今やインターネットはあって当然のツールになりました。

「あの会社はどんなとこ?」「あの商品はどんなの?」「美味しいランチの店はどこ?」など、知りたいことはウェブで検索して解決!こんな光景も当たり前のものとなっています。

大企業であろうと個人商店であろうと、ウェブサイト(ホームページ)を持つことは当たり前と言ってもいいでしょう。

しかし、多くの個人商店の皆様はウェブサイトを持つことに躊躇する方が多いように思います。「パソコンが苦手」「個人商店でホームページを持ったところで仕方がない」など、理由は様々ですが、えてしてその労力に見合うだけのメリットが見出せないというのが、ウェブページを持たない主な理由のように思います。

しかし、私は地域密着型の個人商店こそ、今すぐウェブサイトを開設するべきだと思っています。

今回は、その理由を説明します。

地域密着型の個人商店がウェブページを持つメリット

地域名をキーワードにすることで検索されやすくなる

地域名をキーワードのすることで検索されやすくなる

皆様は、インターネットで何かを調べるときはどのようにされるでしょうか?

Google(グーグル)やYahoo!(ヤフー)などの検索エンジンに調べたい単語を入力されるとは思いますが、そのときに入力する単語は1つでしょうか?

例えば、「ランチ」と入力して検索すると、日本中の様々なランチやランチに関するニュースなどが画面に表示されるでしょう。

これは、「ランチ」という単語がビッグキーワードと呼ばれ、毎日大量に検索されるため検索エンジンが日本中のランチに関するウェブページを順番に表示するからです。

しかし、キーワードが「ランチ」という単語一つだけですと、検索エンジンはユーザーが「ランチ」の何を調べたいのか判断できないため、おおよそ「ランチ」に関係してそうなウェブページをユーザーの意図を汲み取ることなく表示してしまいます。

これを防ぐには、2つ以上の単語を組み合わせて検索するという手法がとられています。

例えば、「ランチ 護国寺」と入力するとどうなるでしょうか?

先ほどとは違い、今度は護国寺周辺のランチに関する情報が表示されたと思います。

これは、「ランチ」という単語に、「護国寺」という単語が加わることにより、検索エンジンはユーザーが求めている情報が「護国寺に関するランチの情報」だということが判断できるようになったからです。

これを利用すると、「ランチ」という単語だけではとうてい検索エンジンの上位に表示されるのが難しかった個人商店も、「護国寺」という地域名を加えることで、一気に検索されやすくなるのです。

これを「歯医者 護国寺」や「美容院 音羽」に変えても同じことが言えます。

「業種+地名」で検索することにより、その地域での特定の業種が上位表示されやすくなるのです。

つまり、その地域で特定の業種を探しているユーザーにダイレクトに情報を届けることができるようになるのです。

店舗のファンを育てられる

店舗のファンを育てられる

たびたび、個人商店の店長様と話していて思うのが、皆様その地域の情報に詳しいということです。

店舗によっては何代にも渡ってその地域で商売をされている方もいらっしゃり、その地域を愛する気持ちもかなりのものを感じるときが多々あります。

私は、そういった知識をインターネット上で発信しないのも社会にとって非常に大きな損失だと考えています。

「インターネットを使えば分からないことはない」とは言いますが、まだ、調べられないような情報は世の中に多く存在しています。地域に特化した情報もそうです。まだまだ埋もれている情報は山のようにあると思います。

地域の情報に詳しい方が、ウェブページ上で情報を発信することでインターネットはより完全なものに近づいていきます。

そして、その情報を見たユーザーがウェブページのファンになり店舗に訪れる。

その店舗のファンを育てることができるのです。

新しい顧客を呼び込める

新しい顧客を呼び込める

どれだけ地域に密着した店舗を続けていたとしても、そこに住む住民は意外と流動的なものです。

「転勤になった」「家を買った」「自立した」といった理由で、その地域を離れていってしまうこともあります。新しい地域に住むとなったとき、その地域のことはどうやって調べるのでしょうか。

もちろん、自分の足で調べるという方法もありますが、多くの場合はインターネットで調べるように思います。

インターネットで検索したときに、自分の住む地域におもしろそうな店舗が表示されたら、きっと行ってみたいと感じるでしょう。

ウェブサイトを持っていると、こういった新規の住民にアピールができるかもしれません。

また、長く住み続けている住民でも、自分の住んでいる地域については意外と知らないことも多いです。

例えば、自分の住んでいる地域は、自宅から最寄り駅までの一本道以外寄り道はしないという方も少なくありません。

もし、この方の求める店舗が住む地域にあるにもかかわらず、店舗の存在を知らないために遠く離れた町の店舗を利用していたとするといかがでしょうか。

きっと、この方にとっても店舗にとっても大きな損失ですよね。

個人商店こそ、ウェブサイトで店舗の存在をアピールしなくてはならないのです。

ウェブサイトで情報を発信しよう

ウェブサイトで情報を発信しよう

地域密着型の個人商店にこそ、インターネット上にウェブサイトの開設を勧める3つの理由を紹介しました。

いずれも、早期の結果を見込めるものばかりではないでしょうか。

ウェブサイトを開設すれば、今までコンタクトを取ることができなかったお客様や企業様から、直接お問い合わせをいただく大きなチャンスを得る可能性も増えてきます。

店舗のウェブサイトを作成するのは手間がかかる面倒なことかもしれませんが、それを補うだけのメリットは十分あると思います。

今すぐにでも、ウェブサイトの開設をお勧めします。

もし、開設はしたいけれど、何から始めたらいいか分からないという方には、弊社でウェブサイトの開設の相談を受け付けています。

ご要望をヒヤリングしたうえで、最適なウェブサイトを開設できるよう提案をいたします。

お申込みは、下記「お問い合わせ」からご連絡ください。

追って、コチラから後日折り返させていただきますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

地域密着店こそチャンス!今すぐウェブページ開設を勧める3つの理由

この記事のシェアはこちらです

RECOMMENDこちらの記事も人気です。