文京区では区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止です

文京区では区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止です
-スポンサーリンク-

突然ですが、私はタバコが嫌いです。

いえ、正確に言うとタバコの煙が嫌いといったほうが良いでしょう。

タバコ自体は置いてあったとしても、それを飲んだり食べたりしないかぎり、害はほとんどありません。

しかし、タバコの煙は気体という特性上、避けることが非常に困難。不意に漂ってきて、私の身体に入り込み、健康に害をなすのです。

実は私、健康に害をなされるようなことって大嫌いなんですよ。

そういう人って多いですよね。

あともうひとつ言うと、実は私、息をしないと死んでしまう体質なんですよ。だからたばこの煙を吸わないために息を止めたとしても、自ずと限界があるんです。

そんな私の健康に多大な害をなすタバコの煙が、文京区の路上を歩いているだけでガンガン襲ってくるのですから、ホント勘弁してほしいですよ。

歩きタバコとポイ捨ては全面的に禁止

文京区では区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止です

ご存知の通り文京区では「区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止」です。

えっ、知らない?

それならばコチラを見てください。
文京区:路上喫煙に関すること

文京区では「歩きたばことポイ捨て」は全面禁止となっています。今のところ、一部の重点地域(水道橋・後楽園周辺、本郷・湯島周辺)以外は、路上喫煙は禁止されていないようですが、歩きタバコとポイ捨ては全面的に禁止されているのです。

それにも関わらず、文京区内で歩きながらタバコを吸っている人や、そのタバコをポイ捨てしている人の多いこと、多いこと。

たぶん普通に歩いていても、文京区内で歩きタバコしてる人なんて、あちらこちらで見かけることと思います。

歩きタバコ、後ろを振り返ってみてください

文京区では区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止です

これがですね。せめてどっかに立ち止まっての喫煙してるんだったらまだマシなんです。とりあえずはその人から距離をおもいっきりあけることで、健康被害を避けることができますからね。

路上でたばこを吸っている方の中には、たばこに火をつけた瞬間、周囲から人が離れていったという経験はありませんか?

それ、あなたに恐れをなして逃げているわけではなく、あなたのタバコの煙を無理矢理吸わされるのが嫌で逃げてるんです。ある意味、あなたに恐れをなして逃げているともいえますね。

けれど、これが歩きタバコになるともう大変。とくに前を歩いている人が歩きタバコをしていると、その人が通った歩道いっぱいに危険な煙が広がってまともに歩けなくなってしまいます。

そうなると遠回りをして別の道を通るか、煙が完全に消えるまで待つか、ダッシュで歩きタバコをしている人を追い越すかしかなくなってしまいます。

なんで歩きタバコのためにコッチが苦労しないとあかんねん。

で、こういう歩きタバコをする人って、たいてい裏通りに入った瞬間歩きタバコを始めるんですよね。

歩きタバコの心理は分かりませんが、たぶん、表通りだとみんなの目が気になるから、人目のつきにくい裏通りに入ってから吸うんでしょうね。

なんていうか、小物間丸出し、いわゆるザコキャラってやつですね。

ちゃっちゃと家に帰って、自分の家の中でたばこを吸えば良いのではないでしょうか。

文京区には、喫煙OKの店がたくさんあります

文京区では区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止です

それにわざわざ歩きながらたばこ吸わなくても、文京区には喫煙OKな店がいっぱいあります。そういところできっちりと対価払って、たばこ吸ったほうが美味しいのではないでしょうか。

もしかすると、歩きたばこする人の中には、喫煙できる店があるってことを知らない人も多いかもしれないので、もう一度言っておきましょう。

文京区には、たばこを吸える飲食店はたくさんありますよ。そういう店の中なら好きなだけたばこを吸っても問題なし。基本的に居酒屋さんはたばこ全面OKなところが多いはずです。

今って、たばこ一箱買うのって500円くらいですよね。この厳しいご時勢に、わざわざ税金多めに払ってたばこ買ってんだから、もうちょっとお金出して店に入って、思いっきりたばこを吸えばいいのでは?

国も税収増えますし、飲食店も売り上げが上がります。喫煙者もたばこが吸えて満足です!

たばこの罰金は?

文京区では区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止です

先ほども申しましたが、現在、文京区では重点区域、および指定場所での喫煙、そして文京区内での歩きたばこ・ポイ捨ては全面禁止となっています。

ただし、違反者に対する罰金制度は今のところありません。

これは、違反者を罰金制度で取り締まるのではなく、喫煙者自らがマナーを守る環境づくりを目指すため

これって良いですよね。

「歩きタバコをしたから罰金だ!」なんてギスギスした社会を作るよりも「喫煙者のマナーに委ねる」という制度のほうが理想です。

タバコを吸う人がマナーを守って、吸わない人が無理矢理煙を吸わされるようなことがなくなれば言うことはありません。

でも、これって理想ではありますが、現実的にはまったく出来ていないのが現状です。

文京区の路上喫煙禁止条例だって、2009年4月1日に施行されていますが、今でも歩きタバコってなくなっていませんよね。

ちょっとずつ「マナーを向上させるんだ!」って意識を高めるのも大切だとは思いますが、将来的に、そういった社会が待っているかというと、ちょっと期待できなさすぎるんですよね。

そうなると、やっぱり法律や罰則が必要なのではないかと思います。

条例とか罰則は必要

文京区では区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止です

最近、車の飲酒運転って減ったと思いませんか?

あれって、飲酒運転で起こした事故の悲惨さを繰り返しテレビで報道したからっていうのもありますけれど、もっとも飲酒運転の現象に効果があったのは「罰金を強化した」です。

事故ろうと事故らなろうと、飲酒してハンドルを握ると莫大な罰金が待っていますし、同乗者だって罪を問われます。

これは当たり前ですよね。飲酒運転は大惨事を引き起こしますからね。

でも飲酒運転って、なんで罰則を強化したのでしょうか?

これは、マナーに委ねていたってちっとも改善されないからです。飲酒運転をすると一発で免許取り消しになりえます。だから飲酒運転は減少したのです。

まぁ、そんなもんですね。

いくらマナーだなんのって言ったって、人間なんて罰則がないと従わないのです。

路上喫煙だって、取り締まる人が注意しても、その人の姿が見えなくなったら再び吸い出す人とか、ひどいのになったら逆切れして怒り出す人なんてのもいますよね。

「なんで私だけ注意するんだ!」とか…周囲から白い目で見られてることに気がつかないのでしょうか。

これはホント残念なんですけど、マナー向上にはある程度の罰則は必要なんじゃないかと思います。

喫煙マナーを守って住みよい文京区に

文京区では区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止です

最初に言ったとおり私はたばこが嫌いです。

けれど、たばこを吸うこと自体に問題はないと思います。有害だろうとなんだろうと、吸っている人はそれを承知で吸っていますし、現状、日本の法律で認められているので、たばこを吸うこと自体はどうでもいいです。

ただし、その有害な煙を、吸いたくもない他人に吸わせるなってことです。

有害なたばこの煙は、吸ってる本人とか吸ってる人の家族で吸い込んで、きっちり有害な物質を処理すれば良いのではないでしょうか。

たばこに火をつける前に「ここで吸ったら周りに迷惑かかるかな」って思うとが大切。

吸いたくない人に、無理矢理吸わせるような環境がなくなれば良いのです。

文京区、全面禁煙にならないかなぁ。

文京区では区内全域での歩きたばことポイ捨ておよび重点地域での路上喫煙は禁止です

この記事のシェアはこちらです

RECOMMENDこちらの記事も人気です。