東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!
-スポンサーリンク-

神田川というと、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。

フォークソンググループかぐや姫?

とても有名な歌でしたので、その知名度は全国規模の有名河川のひとつにも数えられています。

東京を横断する河川?

神田川は、東京都三鷹市の井の頭公園を源に発し、杉並区、中野区、新宿区、豊島区、文京区、千代田区、台東区、中央区を通って両国橋脇で隅田川に合流する東京都内でも屈指の中小河川で、文京区には新江戸川公園と水神神社のあたりから文京区に入り、そのまま江戸川橋駅付近を通り、目白通りと平行して新宿区・千代田区の境界線となって御茶ノ水駅付近まで流れています。

文京区の真ん中を通っているというわけではありませんが、それでもやっぱり文京区にとってなくてはならない河川なのに変わりはありません。

本日は、そんな神田川を船に乗ってクルーズできるという珍しいイベントに参加してきましたのでご紹介しましょう。

神田川、都市探検クルーズに行ってきたよ

水道橋・市兵衛海岸船着場

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

市兵衛海岸船着場

まずは乗船場所。

水道橋駅東口から外堀通りをほんの少しだけ西に歩いたあたり。建物の隙間にひっそりと川岸に下りる階段があります。

普段は閉鎖していますが「市兵衛海岸船着場」という場所で、明治8年ごろから昭和8年まで”砲兵工廠として賑わった場所のようです。元々は物質輸送のために作られた河岸ですが、6月9日から6月12日までの4日間期間限定で、ここから日本橋船着場までを往復するクルーズが運行されます。

普段はあまり気づくことはありませんでしたが、ようく見ると確かに船着場がありました。既に私たちが乗船するであろう船が河岸に到着し待っています。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

すみだ下町きんぎょ

神田川のクルーズのはずですが「すみだ下町きんぎょ」と書いているのはご愛嬌。

神田川を出港

船に乗り込みほどなくして出港!まずは神田川を秋葉原方面に進みます。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

水道橋をくぐり秋葉原方面へ

水道橋駅東口すぐの「水道橋」の下をくぐります。下から見るとこのようになっています。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

水道橋をくぐると、御茶ノ水駅が見えてきました。御茶ノ水駅周辺の工事現場を見るとすぐにUターン。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

水道橋駅と東京ドームを結ぶ、こうらくばし

今度は「こうらくばし」の下をくぐります。この橋は、水道橋から東京ドームへ向かう人のほとんどが通っているはず。普段は通りなれた橋も水上から見ると違う場所のようです。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

ごみ処理場

「こうらくばし」を抜けると東京都のごみ処理場が見えてきました。実は文京区周辺のゴミはここまで車で運び込まれ、水路を通ってゴミ処理場まで運び込まれているのです。

日本橋方面に南下

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

水道橋を南へ進みます

今度は南下し、神田川を進んでいきます。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

人口の屋根

ここから神田川は首都高速の下を進みます。一般的に神田川は空のない川と呼ばれているようですが、その名のとおり上を見上げると首都高速が延々と続いています。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

緑が茂る中、進みます

こんな感じで神田川を下ります。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

さらに橋の下をくぐります。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

神田川へと続く非常用階段

ところどころにこのような水路へと繋がる階段を見ることができます。これは阪神淡路大震災のときに陸路が遮断されたことを教訓に、水路を活用するべく作られたようです。

江戸城の石垣を水上から臨む

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

江戸城跡の石垣

ほどなくして石段が見えてきます。これは江戸城の名残で、石段だけは今も残されているのです。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

多くの家紋が刻まれています

石段をよく見るとなにやら模様が刻まれています。

これは歴代の大名が江戸城建設のときに持ち寄った石で出来ており、自分が持ってきたということを証明するために家紋を刻んだそうです。

本来であれば、自分の持ってきた石は同じ場所に集められるはずですが、バラバラになっているのは一度解体したことが原因。

昔いったん撤去したことがあるようですが、あまりに文化的価値が高かったため、すぐに修復されました。

しかし、石段を同じところに戻すのはさすがに困難だったので、このようにバラバラに積み上げられたのです。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

島津家の家紋

中央の丸のような模様は島津藩の家紋だったと思います。かなりうろ覚えですみません。

神田川にかかる橋を越えて

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

神田橋

神田川に神田橋がかかります。神田川にかかるから神田橋なのか、神田橋を通るから神田川なのか…たぶん、前者でしょう。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

空が狭く見えます

首都高速で閉ざされた空がわずかに顔を覗かせます。首都高速の分岐点ですね。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

水しぶきを上げて船が進みます

ディズニーやUSJに負けずとも劣らないスリルな船旅です。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

橋をしたから見たところです

同じような橋に見えても、下から見ると微妙に違うことが分かります。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

舗装された橋の下

橋の下にも表情があるようです。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

一般の船ともすれ違います

当然ですが、一般の船も神田川を通ります。この近距離ですれ違うのです。

日本橋到着

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

東京メトロ日本橋駅

東京メトロの日本橋駅です。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

日本橋が見えてきました

ゴールである日本橋付近が見えてきました。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

日本橋に到着

終着点である日本橋に到着です。この角度から見ることなんてそうそうあるものではありません。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

船から下りました

お疲れ様です。



神田川下りを終えて

神田川クルーズは定期便というわけではなく、この期間だけの限定イベント。

船長さんによると、リクエストが多いようでしたら定期便も考慮するとのこと。もし乗りたいと人が多いようでしたら復活も考えているようですよ。

東京の道路は常に混雑している反面、水路は空いていてストレスフリーで日本橋まで行くことができました。将来的には水路も活用して自由に東京の街を行き来できればよいのかなと思います。

屋形船もオススメです

もしこのブログを読んで、船に乗ってみたいという方には、今の季節「屋形船」もおすすめします。

屋形船は、クルーズのように隅田川やお台場周辺を周遊し、東京湾などに停泊して船の中で美味しい食事とお酒を楽しめます。

東京スカイツリーコース♪

間近で東京の新シンボル「スカイツリー」を見上げることができます!
さらに隅田川には下からスポットライトあたる綺麗な造成の橋等、眺めているとすぐに時間が経ってしまうくら、本当に数多くの橋が架かっています。
その非常に魅力的な隅田川の橋を、どんどんくぐるコースになっています。
東京スカイツリーコース

屋形船の申込方法

「敷居が高そう」と思うかもしれませんが、「ポケカル」を利用すると、けっこう簡単に申し込めます。

サイトに移動し、ページの中ほどにある「屋形船乗り合いプラン」か「東京湾クルーズ」を選ぶだけ、後は、希望のコースを選ぶだけ。

すぐに申し揉むことができます。

15名以上なら屋形船を貸し切りで利用も可能。もちろん2~3名での利用もOK。

激しい暑さが続く東京の夏を、水上を走る屋形船から360度パノラマで、見渡してみてはいかがでしょう?

きっと、暑さも吹き飛びますよ。

簡単に予約ができるので、まだ屋形船に乗ったことがないという人は、ぜひ利用してみてください。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

最後に、この日の船下りのコースを載せておきます。

ぜひ一度、お試しください。

楽しいですよ。

東京神田川を船で川下り【水道橋~日本橋】江戸城石垣も見学!

この記事のシェアはこちらです

RECOMMENDこちらの記事も人気です。