大掃除は年末よりも今がおススメ!片づけを習慣づける

大掃除は年末よりも今がおススメ!片づけを習慣づける
-スポンサーリンク-

10月も半ばも過ぎ、気付いたら年末まであと僅か。

そろそろ大掃除のシーズンが近づいてまいりました。

毎年この季節が近づいてきたら思わず憂鬱になる方も多いのではないでしょうか。

だからといって、手を付けずにいつまでも延ばし延ばしにしていたらいつまでも片付かない。本格的に寒くなる今の時期に終わらせてしまったほうが圧倒的に楽。

分かっちゃいるけれど…という方のための記事です。

なぜ部屋はすぐに汚くなるのか

特に汚すようなことはしていなくても、なぜか部屋は日々汚れていきます。不思議に思い首をかしげる人も少なくありません。

でも、単純に物って増えるんですよね。普通に生活してるだけで、捨てなければいけないものが増える。増えたときにすぐに捨てられればいいんですけど、判断できないから、それをいったん部屋の隅に置いておく。
だから、部屋は汚れていきます。

そうすると、だんだんと必要なものと捨てるものが混在する。次第に捨てなきゃいけないものがそこにあることに慣れてきて、片付けようという気持ちが薄れてきます。

部屋を綺麗にしてくちゃいけないという気持ちと、面倒だっていう気持ちが混ざった挙句、ついには「まぁいいか」って気持ちになってしまいます。

手遅れになる前に掃除

こうなると既に手遅れ。
そうならないために、普段から部屋を綺麗に保っておくことが大切です。

ここまで書いておいて何ですが、そもそも普段から部屋を綺麗に保っておくことができないから、部屋ってやつは汚れてるんです。

綺麗に保っておくことができる人ならば、そんなこと言われなくたってできてきます。

それができないからココを読んでるんですよね。

なので、そんな部屋を綺麗に保てない人のために、簡単に部屋を綺麗にする方法を教えます。

ゴミを捨てることを習慣化する

そもそも、一気に掃除しようとするから失敗するんです。それではどうするのか、ゴミを捨てることを習慣化していきます。

毎日、何かゴミを一つずつ捨ててるようすればいいんです。これを習慣づけると、自然と部屋が綺麗になっていきます。

例え捨てるようなものがなくたって、なんとか探してごみ箱に放り込むようにします。最初はちょっと大きめのゴミを捨てることから初めてください。

一か月も続けていれば、見違えて部屋が綺麗になりますよ。

必要ないのはあなたが一番分かっているはず

季節の変わり目に合わせて、いらない洋服を全部捨てる。

既に、片づけ方としては王道中の王道ですが、やっぱり実践できていない人は多いはず。
特に夏から秋や冬から春への変わり目が洋服を捨てるチャンスです。

ポイントはそのシーズンに着なかった洋服。
一年以内に着なかった洋服と言いたいところですが、それはあまりに難しいので3年以内に着なかった洋服としましょう。
もしかしたらまた着るかもとか、買ったときは高かったからとか、いろいろ捨てない理由はありますが、3年間で一度も着なかった洋服なんてもう一生切ることはありません。

ここは思い切って捨てましょう。

70リットルくらいの大きめのゴミ袋を抱えて、いらない洋服を次から次へと放り込みます。下着類はシーズンごとに買い替えてもいいかもしれませんね。見えないところかもしれませんが、下着が新品だと気持ちだって引き締まります。

お掃除ロボットを導入する

どうしても掃除ができないのならば、もう掃除なんてしなければいいんですよ。
それじゃ、いつまで経っても部屋が綺麗にならないって?
いえ、掃除をしないのはあなたがしないだけで、別のものに掃除をさせればいいんです。

勘のいい人ならこの時点で気付いているかもしれません。
そうです、お掃除ロボットに掃除してもらえばいいんですよ。

お掃除ロボットは綺麗に掃除してくれる?

私の家でも既に導入していますが、「ルンバ」などのお掃除ロボットに部屋を掃除してもらいます。
出帰る前にスイッチを入れておけば、帰ってくるころにはすっかり部屋が綺麗になっていますよ。

本当に綺麗にしてくれるのって侮ることなかれ。
お掃除ロボットにはゴミセンサーってのが付いていて、部屋のゴミを感知して掃除してくれるんです。
気の進まないまま掃除機を変えるくらいなら、お掃除ロボットに任せたほうがよっぽど綺麗にしてくれますよ。

後はお掃除ロボットが吸い込めない大きなゴミを捨てるだけ。
ホント楽ちん。なんで今まで買わなかったんだろうって後悔します。

難点といえば、値段が少々高額ってところくらいですかね。
いろんな機能の付いた「ルンバ」とか、パナソニックの「ルーロ」とかだと、安くても4万円。高機能なものなら8万円くらいします。

ハッキリ言って、メインで使っている掃除機よりも高いです。

6000円で買えるお掃除ロボットもあります

それなれば、探せば6000円前後で購入できる安価なお掃除ロボットから初めてはいかがでしょう。
さすがに、「ルンバ」「ルーモ」に比べると機能で劣りますが、値段を考えれば納得。

v-bot社の「マカロン」やツカモトエイム社の「ミニ ネオ」あたりだと、かなり安価に購入することができます。

ゴミを探したり、自動で充電器に戻るなどの機能はありませんが、掃除はしっかりとやってくれますよ。
迷っている人は、まず安価なお掃除ロボットで試してみて、良さそうだったら後から高価なものに買い替えてはいかがでしょうか。

v-bot社の「マカロン」は、見た目も可愛らしい感じで部屋にも合いそうです。

調べてみると、文京区の会社が販売しているみたいですね。

ロボット掃除機マカロンmacaron|公式サイト

おそらく、6000円前後だったら、合わなくても後悔しない。

部屋が汚れていることが当たり前にしないことが大切

一番大切なのは普段から片付けておくこと

結局のところ、部屋が汚れていくのは、汚れているのに慣れているのが原因です。

ここに挙げた方法でも、他の方法でもなんでもいいですから、汚れる前に綺麗にしておくと言う習慣をつけるのが大切。

要は心の問題。

これを心がけておくと、確実に部屋は綺麗になります。後は、形のあるものならヤフオクなりブックオフで売っちゃうのも良いですね。

あなたが思うよりも高値で売れることもあります。部屋の隅で埃をかぶっているのなら、より大切にしてくれる人の手に譲るのもアリですよ。

大掃除は年末よりも今がおススメ!片づけを習慣づける

この記事のシェアはこちらです

RECOMMENDこちらの記事も人気です。